ペンタブのススメ(Wacom Intuos Proにしとくのが無難)

 

ペンタブ

『Wacom Intuos Pro』にしとくのが無難

さて早速ですが、断言します。
あなたが上手く描けないのはマウスのせいです。

なので、ペンタブを買いましょうというのがこの記事の結論です。
具体的に言うと『Wacom Intuos Pro』にしとくのが無難、という内容です。

もちろん最終的にはあなたがメリットとデメリットを比較してあなたが購入を決めることになります。
ですがデザイン会社で働きたい、具体的にはグラフィックデザインDTPWEBデザインでお金を稼ぎたいという人はペンタブ必須です。
だってマウスだとさすがにクオリティに限界がありますから。
想像すれば分かると思いますが、ペンとマウスじゃ圧倒的にペンの方が描きやすいですね。

いくらデザインセンスのある人だって、マウスでポスター作れと言われたらきついはずです。
逆に言うと、デザインセンスのない人がペンタブを使うだけでお金をもらえるレベルになります。
もちろん練習は必要ですが、僕みたいに元々絵も描けないデザインセンスもない人間でも、会社のペンタブでWEBデザインを任されていました。

正直、会社に入って初めてペンタブを触った僕は慣れるまで少し時間がかかりました。
最初の1週間くらいはマウスの方がやりやすい……と思ったくらいです。
しかし会社の先輩いわく「最初は誰でもそうだから」 ……はい。
という感じで半信半疑のままペンタブを使っていると、いつの間にかペンタブなしのデザインは考えられないようになっていました。
イラレもフォトショもクリスタも、ペンタブ以外での操作はあり得ません。

こんなことなら、自宅でペンタブを買って練習しておけばよかったと思ったくらいです。
食わず嫌いの状態でペンタブから距離をとっていたことを後悔しました。
というかよくペンタブも使ったことのない僕を雇ってくれたなと、完全に運が良かったです。

まあ僕の話はここまでにして、ペンタブを使うメリットをまずざっとあげてみますね。

・クオリティアップ
・線の強弱をつけられる
・作業効率アップ
・デザイン会社の就職に有利
・デザインの現場に対応しやすい
・手首の負担軽減
・普段使いも可能

思いついたのはこれくらいです。
あとデメリットもあげてみました。

・値段が高い
・デスクのスペースをとられる
・慣れるまで少し時間がかかる

こんなところでしょうか。
やはりネックは値段が高いことだと思います。
ちなみに僕が今使っているタブレットはこれです。

ワコム ペンタブレット ペンタブ Wacom Intuos Pro Mサイズ 2017年 ペン入力 板タブ Wacom Pro Pen 2 付属 Windows Mac 対応 PTH-660/K0

僕がアマゾンで買ったときは約3.3万くらいしました。
正直高すぎるだろという感じですよね。
開発費の元を取るために仕方がないのかもしれませんが、Wacomさんもうちょっと安くなりませんか、と思ってしまいます。

自分を納得させるため、なんでこんなに高いのかネットで調べてみました(笑)
一番参考になったのは以下の記事です。
『ワコムの「ペンタブ」は、細かなノウハウの塊だった──過去30年の開発史を振り返る』

記事の内容を簡単に説明すると「できるだけ自然に、まるで紙に書く(描く)のと同様の感覚を実現する」ために改善を重ねてきたそうです。
ポイントは以下の3点。

・位置検知
・筆圧検知
・オン加重の検知(どのくらいの重みを加えるとタッチされたと感知するか)

なるほど確かに、普段からペンタブを使っている人間からすると技術力の賜物という感じです。
ペンタブのないデザインは考えられない僕からすると、感謝しかありません。

『HUION』ペンタブレットは微妙

でもWacomさん、高ぇよ……。
そう思った僕はかつて中華タブレットメーカーの『Huion』製品を購入したことがあります。
自宅用になんとしてもペンタブが欲しかったのです。

HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 ワイヤレス接続可 8個のショートカットキー最新ドライバ、11 x 6.875インチ作業領域ペンタブレット (Q11K)

こちらの値段は1万ほどでした。
Wacomの3分の1の値段、レビューもいい感じだったので購入しました。
使い心地としては悪くないです。
悪くないのですが、会社で『Wacom Intuos Pro』を使っていた身からすると、描きづらい。

両方の製品を使っていたからこその悩みです、
『Wacom Intuos Pro』が操作性が高いのは当たり前です、だって値段が3倍だから。
数か月たった後、結局『Wacom Intuos Pro』を買っていました。
こんなことなら最初から買っていれば良かったですね。

結論『Wacom』

ということでお勧めは『Wacom Intuos Proということになります。

ワコム ペンタブレット ペンタブ Wacom Intuos Pro Mサイズ 2017年 ペン入力 板タブ Wacom Pro Pen 2 付属 Windows Mac 対応 PTH-660/K0

デザインやっている人からすると王道ということになるんでしょうね。
現状、ペンタブ業界は趣味程度なら『Huion』、プロレベルを求めるなら『Wacom』という感じでしょうか。
もちろん、仕事で『Huion』使っているという人もいると思いますが、僕は両方使った結果『Huion』信者となったので。

ただ『Wacom』一強というのもつまらないですね。
もっとデザイン業界が盛り上がって、Wacom以外の高品質タブレットを開発する企業がバンバン出てくることを望んでます!
そうすれば価格競争が起こって安くなるのかな、とも思ったりします。

ということで、現状だと『Wacom Intuos Pro』の一択という一般的な結論です。

コメント