イラレでひまわりを描く方法(illustrator cc 2019)

イラレでひまわりの描く方法(illustrator cc 2019)

【1】ひまわりの種

ひとまず、以下の画像を目指して描いていきましょう。

【1】ひまわりの種

【1-1】楕円のパスに沿って正円を並べる(破線)

【1-1】楕円のパスに沿って正円を並べる(破線)

楕円形ツールで正円を描きます。

ウィンドウ/線 で線パネルを出してください。

「線幅」を10px、「線端」を真ん中の丸いやつにしておきます。

「角の形状」は一番左、「線の位置」も一番左を選択しておきます。

破線にチェックを入れて、線分を0px、間隔を10pxにしておきます。

【1-2】楕円を複製(拡大・縮小)

【1-2】楕円を複製(拡大・縮小)
楕円を複製しましょう。

そして、拡大・縮小ツールをダブルクリック。

オプションの「線を拡大・縮小」と「線幅と効果を拡大/縮小」のチェックを外します。

パス上の正円の大きさを変えたくないからですね。

「縦横比を固定」に数値を入れて少し小さくしましょう。

あとはこれの繰り返しです。

最後に、グラデーションで色をつければひとまず種は完成です。

【2】ひまわりの花

こんな感じにしていきますよ。

【2】ひまわりの花

【2-1】花びらを一枚作る(アンカーポイント、ハンドル)

【2-1】花びらを一枚作る(アンカーポイント、ハンドル)

楕円形ツールで正円を作ります。

色は自由に設定してください。僕はグラデーションで黄色とオレンジに設定してみました。

次にダイレクト選択ツールで正円の上のアンカーポイントだけを選んで、ハンドルを動かして花びらの先端のようにしておきましょう。

正円の下のアンカーポイントも同じやり方で花びらの先端のようにしておきます。

正円の左右のアンカーポイントは、自由変形ツールを使うと楽です。

例えば左のアンカーポイントを動かすとき、Altキーを押しながらドラッグすると右のアンカーポイントも一緒に動かせます。

さて、花びらに白い線を入れていきましょう。

ここはペンツールを使い、塗りはなし、線の色を白に設定すればOKです。

線パネルから、プロファイルで均等以外のものにかえてみましょう。

するとパスの形が変わって少しだけリアリティがでますよ。

【2-2】花びらを複製(Ctrl+Dで複製の繰り返し)

【2-2】花びらを複製(Ctrl+Dで複製の繰り返し)
花びらが一枚できたら、複製していきましょう。

花びらを種(正円)の外側のふちの12時の位置に配置します。

そして回転ツールをクリック。

Altキーをおしながら、種の中央をクリック。

回転パネルが開いたら、角度のところに360/7と入力。

OKではなく、コピーをクリックしましょう。

あとはCtrlキーとDを同時押しで等間隔に花びらが複製できます。

花びらを7枚作り、グループ化して、グループ化したものをまた複製して角度を変えておきます。

するとひまわりの花の完成です。

【2-3】花を傾ける(シアーツール)

【2-3】花を傾ける(シアーツール)
花びらを複製したものを選択して、シアーツールで少しだけ傾けておきましょう。

花びらの上で少しドラッグするだけでOKです。

【3】茎と葉っぱ

【3】茎と葉っぱ
ひまわりらしくしていきましょう。

【3-1】茎を描こう(ペンツール)

【3-1】茎を描こう(ペンツール)
ペンツールで茎を描きます。

塗りはなしにして、線の色を緑にして線幅を設定します。

重ね順は、花の下にしておきましょう。

【3-2】葉っぱを描こう(ペンツール)

【3-2】葉っぱを描こう(ペンツール)
まず葉っぱの下書きを描いた方がいいかもしれません。

あくまで目安なのでテキトーでいいですよ。

ブラシツールで大雑把にかいていきましょう。

下書きの上に新規レイヤーを作って、そこに葉っぱを描いていきます。

ペンツールに持ち替えて葉っぱの輪郭を描いていきます。

そしてアピアランスから塗りを緑に、線はなしにしておきましょう。

ダイレクト選択ツールでアンカーポイントやハンドルの調整も可能です。

葉っぱには白い線をいれてもいいかもです。

それぞれのひまわりに葉っぱをつけていきましょう。

下書きは最後に捨ててOKです。

【3-3】ひまわりの複製(リフレクトツール)

【3-3】ひまわりの複製(リフレクトツール)
ひまわりが3本できたらグループ化しておきます。

それらをAltキーを押しながらドラッグしてアートボード下あたりに複製しておきます。

そのときに、リフレクトツールで反転してもいいですね。

【4】空と雲

空を入れるだけで雰囲気が出ますね。

【4】空と雲

 

【4-1】空を描く(グラデーション)

【4-1】空を描く(グラデーション)
アートボードの上にアートボードと同じサイズの長方形を作ります。

そして長方形の塗りに対してグラデを描けましょう。

僕は白から水色に色を変化させました。

ひまわりの下にレイヤーを移動させておきます。

【4-2】雲を描く(パスファインダーの合体)

【4-2】雲を描く(パスファインダーの合体)
新規レイヤーを作成しましょう。

楕円形をいくつか重ね合わせて、パスファインダーの合体を行います。

僕は違う形の雲を2つ作りました。

それら2つの雲にグラデをかけます。

そして雲を複製していくつか重ねてひとつの大きな雲にしましょう。

最後に、好きな位置に雲を移動させてください。

ひまわりとか雲とかはみ出している部分はクリッピングマスクを行ってくださいね。

コメント