イラレで歯車にぶら下がるサラリーマンを描く方法(illustrator cc 2019)

歯車にぶら下がるサラリーマン

【1】下絵(ブラシツールの活用)

【1】下絵(ブラシツールの活用)

まずは、歯車と人間の下絵をかなり大雑把でいいので描いておきましょう。

画像を見てもらえば分かると思いますが、かなりテキトーですね。

それぞれ描いていくオブジェクトの大まかな位置を把握するためですので、問題ないです。

自分は絵が描けないから無理だと思う人もいるかもしれませんが、僕も描けませんのでご安心を。

ぶら下がってるサラリーマンなんて描けないと、僕も思いました。

でも、そこはグーグル先生に頼りましょう。

例えば「鉄棒 イラスト」とかで検索すると、たくさんぶら下がってる人間のイラストが出てきます。

 

にしてもみんな絵がうまくて嫉妬します。

僕ら凡人は、本物のイラストレーターの方たちの絵を参考にさせていただきながら、デフォルメしていきましょう。

今回の僕のイラストなんて、サラリーマンに顔すらないですからね。

のっぺらぼうです。

それでも、全体的にはぎりぎりでイラストになっているかと思います。たぶん。

ということで、気を抜いて描いていきましょう。

初心者が気合入れても最後まで持ちません、僕がそうです。

それと、今回の主役は歯車なので、サラリーマンは相当に手を抜いてもらって大丈夫です。

【2】歯車(オブジェクト/複合パス/作成)

【2】歯車(ブラシツールの活用)

歯車の完成イメージはこんな感じです。

細かく順を追ってみていきましょう。

1.歯車の中央、空いてるところ(オブジェクト/複合パス/作成)

1.歯車の中央、空いてるところ(オブジェクト/複合パス/作成)

新規レイヤーにつくっていきましょうかね。

楕円形ツールを使って、正円を描きましょう。

さらにもう一個、先程より小さい正円を描くのがポイントです。

正円が2つできたら、正円を両方選択した状態で、整列パネルより水平方向と垂直方向とをそろえておきましょう。

そして、オブジェクト/複合パス/作成 を選びます。

手前の円でくり抜くことができていればOKです。

2.歯車の外側、でこぼこのところ(効果/パスの変形/ジグザグ)

2.歯車の外側、でこぼこのところ(効果/パスの変形/ジグザグ)

先ほど作ったドーナツはひとまず、レイヤーパネルより非表示としておきましょう。

レイヤーに左側にある目ん玉をクリックで表示、非表示が切り替え可能です。

そしたらまた正円を作りましょう。

サイズはさっきの円と同じくらいですが、後で好きに変更できるので、どんなサイズでも問題なしです。

 

正円が作れたら、効果/パスの変形/ジグザグ をクリック。

ジグザグパネルが出てきたら、下の方にあるプレビューにチェックをいれます。

プレビューにチェックが入った状態で「大きさ」「折り返し」の数値を入れると、リアルタイムで正円が変形していきますね。

それと「ポイント」には「滑らかに」と「直線的に」がありますが、今回は「滑らかに」を選択。

数値はお好みで大丈夫ですが、ちなみに僕は以下のように設定してみましたよ。
「大きさ」60px
「折り返し」7

ちなみに色も何でもOKです。

あとで変更できますからね。

3.歯車完成(クリッピングマスクを作成)

3.歯車完成(クリッピングマスクを作成)
レイヤーの順番を入れ替えましょう。

現在、ギザギザの方が上に来ていると思います。

なので、上に<複合パス>、下に<楕円形>とします。

入れ替えができたら、その両方を選択状態で整列パネルから水平、垂直方向を綺麗にそろえておきましょう。

真ん中をくり抜くためにそろえる必要があるのです。

このときのポイントとして、後ろのギザギザがドーナツの外側にちょっとはみ出すくらいがいいですね。

 

それではクリッピングマスクをかけていきましょう。

アートボード上のドーナツの上で、右クリック/クリッピングマスクを作成 をクリック。

歯車が作れましたね?

サイズ変更は、Shiftを押しながらバウンディングボックスをドラッグしたら、比率は変えずに縮小、拡大できます。

Shiftに加えてAlt(Option)も押しながら拡大縮小すると、中心位置がずれないので便利です。

色もアピアランスパネルからご自由にどうぞ。

 

ひとつ歯車ができたら、あとは複製して色とサイズだけ変えてもいいですし、ひとつずつ微妙に形を変えた歯車を作ってもいいですね。

面白い形の歯車も作ってみましょう。

僕は歯車を4つ作って並べていますので、良かったらご参考までに。

【3】サラリーマンを描く(ペンツールの活用)

【3】サラリーマンを描く(ペンツールの活用)
サラリーマンを描いていきましょう。

歯車のレイヤーはロックをかけておくと、間違って編集しなくてすむので覚えておきましょう。

下絵を表示させて、なんとなくの各パーツの位置を確認しましょう。

まあ、下絵は無視してもらってもいいんですけどね。

ズームツールを使って拡大してから作業すると、やりやすいですよ。

Illustrator のデフォルトショートカットキー | Illustrator

ズームツール(拡大表示モード)に切り替える
Ctrl + スペースバー
スペースバー + Command

ズームツール(縮小表示モード)に切り替える
Ctrl + Alt + スペースバー
スペースバー + Command + Option

正直、作業はとても簡単です。

やってみたら、歯車より簡単だと思うのではないでしょうか。

ただ作業が単純なだけに文章で説明するのが難しいんですね。

なので、是非動画で確認していただけると幸いです。

いってしまえば、手順は以下の通りです。

1.ペンツールで各パーツ(手とか足とか腰とか髪とか)を描く。
2.色を塗る
3.レイヤーを並べ替える

3つのステップを踏むだけなんですね。

もちろん、ペンツールや色の付け方も実はすごく奥が深いのですが、細かいテクニックはイラストだけで飯を食っている人だけが気にすればいいと思います。

僕たち凡人は凡人らしく、まずはイラストを完成させることに集中しましょう。

まずは大雑把にでもいいので、ツールの概要を知っていればこの程度のイラストは描けるということです。

【4】おまけの背景 Ctrl + D(Command + D)で効率化

【4】おまけの背景 Ctrl + D(Command + D)で効率化
正直、あってもなくてもいいんですが、背景が寂しいので描いてみました。

工場っぽい感じのものを適当に作ってみました。

といっても、長方形ツールと楕円形ツールくらいしかつかってないですね。

ただ段ボールみたいなのをベルトコンベアにのせたりしているだけです。

 

あえてポイントを言うならば、複製の繰り返しについてでしょうか。

複製の繰り返しは、以下の操作で簡単にできます。
Ctrl + D/ Command + D

一回、Alt(Option)押しながらドラッグして複製しますよね。

そのあとに、Ctrl + D(Command + D)を押してみてください。

簡単に等間隔に複製できましたか。

めっちゃ作業が効率化しますよ。

いま、レイヤーパネルで重ね順が一番上に来ている人は、一番下に持ってきてくださいね。

あくまで彼らはわき役ですからね、後ろに下がってもらいましょう。

【5】はみ出してる部分の処理(クリッピングマスク)

すみません、クリッピングマスクに失敗して、流れ的におかしな画像になっています。

【5】はみ出してる部分の処理(クリッピングマスク)

歯車とか、色々とアートボードからはみ出しているかと思います。

そういうときは、クリッピングマスクです。

動画では色々とここで手間取ってます、すみません!

でも実際は、すごく簡単です。

 

①まず、クリッピングマスクをかけたいオブジェクトたち(アートボードからはみ出してるオブジェクトたち)がいますね。

それらをグループ化(Ctrl + G/Command + G)します。

 

②次に、アートボードと同じサイズの長方形を作ります。

長方形ツールを選択して、どこでもいいのでクリックするとパネルが開きますね。

そこに最初に設定したアートボードと同じサイズの数値を入力してください。

それを整列パネルで、水平方向、垂直方向に整列させてください。

そのとき、右下の設定は、アートボードに整列を選んでおきましょう。

 

レイヤーパネルを以下のように並べます。
<長方形>
<グループ>

ポイントは、<長方形>のところが<レイヤー5>とかになっていたらダメだということです。

長方形のオブジェクトが入ったレイヤー5でクリッピングマスクはかけてはいけないようですね。

あくまで、長方形オブジェクトでクリッピングマスクを作成しましょう。

説明は以上となります。

 

背景に色をつけてみてもいいと思いますよ。

自分で色々と付け足すことで実力は伸びていくので、マネするだけじゃなくてここからさらに工夫を加えて良くしてみようという精神で頑張ってください。

例えば、なぜか上からスパナが降ってきているとか、本当に何でも大丈夫です。

ワンポイント付け足して、それをツイッターとかインスタで投稿してみましょう。

投稿したら、僕にも教えていただけると幸いです。

見に行っていいねしますので~。

ここまで見ていただいてありがとうございました。

コメント