イラレで風車と日の出を描く方法(illustrator cc 2019)

【初心者向けイラストレーターの使い方】風車と日の出イラストをステップで描く(illustrator cc 2019)※動画アリ

【1】風車を描く(効果/パスの変形/ジグザグ)

【1】風車を描く(効果/パスの変形/ジグザグ)

ということで、まずは風車のプロペラ部分を作っていきましょう。

プロペラ部分を作成するためのテクニックが「ジグザグ」です。

オカメインコ
オカメインコ

効果/パスの変形/ジグザグ 今回はこのテクだけ覚えればOK!

できれば全部覚えてほしいですが、ポイントを絞るのは大切ですね。

今回のテクニックを覚えれば、プロペラに限らずジグザグした感じのものは何でも簡単に作成することができますよ。

オカメインコ
オカメインコ

効果/パスの変形/ジグザグ はたったの2ステップ

1.長方形ツールや楕円形ツールでオブジェクトを作成(どんな形でもOK)
2.効果/パスの変形/ジグザグでプロペラに形を作成

ほんとにたったこれだけです。

と言ってもよく分からないと思うので具体的にこれから説明していきます。

文字での説明では不十分なところもあるかもしれないので、時間に余裕があれば是非動画(ページ最下部)で確認してみてくださいね。

なるべく詳しく、初心者の人でも分かるように解説しているつもりですので。

1.長方形ツールや楕円形ツールでオブジェクトを作成(どんな形でもOK)

1.長方形ツールや楕円形ツールでオブジェクトを作成(どんな形でもOK)

まずはじめに、楕円形ツールでShiftキーを押しながら正円を作ります。

正円の色はあとで変更できるので何でもOKですが、ひとまず僕は塗りを黒としておきます。

ちなみにこの最初に作るオブジェクトの形でジグザグの効果は全然に違ったものになるので、いろんな形で試してみると面白いですよ。

2.そのオブジェクトを選択した状態で、効果/パスの変形/ジグザグ

そのオブジェクトを選択した状態で、効果/パスの変形/ジグザグ をクリック

そしたらその正円を選択した状態で、効果/パスの変形/ジグザグ をクリック。

するとジグザグのパネルが表示されます。

「大きさ」でジグザグの谷間の深さを調整できます。

「折り返し」でジグザグの数を調整できます。

今回は大きさを50px、折り返しを1としておきましょう。

そして「ポイント」で「滑らかに」か「直線的に」かを選ぶのですが、今回は「滑らかに」を選びましょう。

「直線的に」を選ぶと、鋭くとがった感じになります。

オカメインコ
オカメインコ

できた?

簡単にできたのではないかと思います。

頭の片隅に入れておけば、色んな場面で思い出して使えますよ。

オカメインコ
オカメインコ

じゃあ、さようなら~

まだ続きますよ。

次はプロペラがくっついてる土台部分を作ります。

縦長の長方形を作って「自由変形ツール」の上から三番目「遠近変形」をクリック。

そして下のアンカーポイント片方をドラッグすると、反対側のアンカーポイントも動くので台形が作れますよ。

 

プロペラは少し角度をつけておくといいかもですね。

そしたらこの段階でプロペラと台形部分を選択してグループ化しておくといいかもですね。

塗りや線の色も、変えちゃってもOKです。

動画だともうちょい先の方でグループ化とか色の変更してると思いますが。

【2】下書き作成(ブラシツールの活用)

【2】下書き作成(ブラシツールの活用)
新規レイヤーにつくっていきましょうかね。

ブラシツールに持ち替えて、絵全体の下書きをテキトーに描いていきましょう。

あとで変更できるので、ほんとに大体で構いませんよ。

原っぱの丘とか、山とか、太陽とか、動画では描いてませんが、雲なんかもあってもいいかもですね。

なんとなくの目安はできましたか?

そしたら下書きはレイヤーは一番下に移動させておきましょう。

道に乗って風車を複製させていきましょう。

あとでいくらでも風車の場所は移動できるので、神経質にならなくてもいいですからね。

動画だと、この段階で風車の色を白に変えていますね。

【3】原っぱの丘と山と道を作る(ペンツールの活用)

【3】原っぱの丘と山と道を作る(ペンツールの活用)
ペンツールを使っていきますよ。

ショートカットは[P]です。

新規レイヤーを作成して、下書きに沿って原っぱの丘を作っていきましょう。

塗りの色は緑系ならなんでも大丈夫です。

 

レイヤーの重ね順は、レイヤーパネルで調整してみてくださいね。

奥の原っぱの丘ほど、重ね順は下になりますね。

原っぱの丘は選択ツールで選んでドラッグすれば移動できるしサイズ調整も可能なので、どれだけミスしても問題なしです。

それと塗りの色は、ウィンドウ/カラー のほうでも変更できますよ。

カラーパネルではRGBの数値を直接変更できたりします。

 

基本的には山と道も原っぱの丘と同じやり方です。

細かい調整を行いたいときに画面を拡大したいときがあるかもしれません。

そのときは、ズームツールを使いましょう。

※ズームツール(拡大表示モード)に切り替える
Ctrl + スペースバー(スペースバー + Command)
※ズームツール(縮小表示モード)に切り替える
Ctrl + Alt + スペースバー(スペースバー + Command + Option)

 

最後に、アートボードからはみ出したところは、クリッピングマスクで隠しておきましょう。

原っぱの丘と、山と、道のレイヤーをグループ化します。

アートボードと同じサイズの長方形を、整列パネルより水平方向、垂直方向を中央にして、アートボードの上にきれいに置いてください。

グループ化したレイヤーの上に、その長方形のレイヤーをおきます。

グループ化したレイヤーと長方形のレイヤーを両方選択して、長方形の上で、右クリック/クリッピングマスクを作成

すると、長方形からはみ出ている部分は見えなくなります。

【4】太陽を作成(効果/パスの変形/ジグザグ)

【4】太陽を作成(効果/パスの変形/ジグザグ)
楕円形ツールで正円を作ります。

ここでもジグザグを使っていきますよ。

そして、正円を選択した状態で、効果/パスの変形/ジグザグ

プレビューにチェックを入れて「大きさ」と「折り返し」の数値を調整していきましょう。

 

塗りの色は、僕はグラデーションで設定しておきます。

グラデーションにする場合、色はお好みで変えてみてくださいね。

おすすめは、オレンジから赤っぽい色にしていくといいかもです。

 

ちなみに、太陽を選択した状態でアピアランスパネルを見てみると、ジグザグという記述がありますね。

そちらをクリックするとジグザグの調整はいつでもできますよ。

 

それと、おまけでもうひとつ効果をかけてみますよ。

効果/パスの変形/パンク・膨張

プレビューにチェックを入れて「収縮」「膨張」のバーを移動させてみると、また太陽の雰囲気が変わりますよ。

こちらは、アピアランスに「パンク・膨張」と表示されます。

【5】朝焼けの空を作る(グラデーション)

【5】朝焼けの空を作る(グラデーション)
朝焼けの空というだけで、なんとなくいい感じの絵になりますね。

アートボードと同じサイズの長方形を作ります。

その長方形を選択している状態で、グラデーションツールをダブルクリック。

すると、グラデーションパネルが表示されるので、好きな色と角度にしてみてくださいね。

レイヤーは一番下に置いておきましょうかね。

色が濃くなりすぎているときは、不透明度も調整してみてくださいね。

【6】朝焼けの雰囲気(編集/カラーを編集/カラーバランス調整)

【6】朝焼けの感じを出す(編集/カラーを編集/カラーバランス調整)
動画では、このあたりで風車の線をなしに設定していますね。

最初でやっててもいいと思うんですけど、またそんなもんです。

それでは、空以外のレイヤーを全て選んで、編集/カラーを編集/カラーバランス調整

すると、カラー調整のパネルが開きます。

レッド、グリーン、ブルーの割合をかえることができます。

それぞれ、お好みで変えてOKです。

僕は3項目とも―45%位にしておきました。

【7】風車に影をつける(回転ツール)

【7】風車に影をつける(回転ツール)
風車を4つ作ったと思いますが、それぞれに影をつけていきます。

風車を複製して、複製した方の風車を選択して回転ツールをクリック。

すると、風車の真ん中あたりに小さな点が出てきます。

それを軸に回転させることができるので、その小さな点を下に持っていきます。

小さい点を持っていきたい箇所をクリックでOKです。

 

次にプロペラ部分を影を伸ばしたい方にドラッグすると、小さい点を軸に回転しますね。

そしたら、影のサイズはバウンディングボックスをドラッグして変更してみてください。

 

つぎにダイレクト選択ツールに持ち替えます。

影の伸び始めている部分のアンカーポイントを、風車の下にぴったりと合わせます。

全ての風車に同じような感じで影を作ってみてくださいね。

これをやるだけで、リアリティがぐっと高まりますね。

最後にクリッピングマスクで、アートボードからはみ出ている部分を隠せば、完成です。

 

説明は以上となります。

動画では描いていませんが、雲や鳥なんかも付け足すといいかもしれませんね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント