【Illustrator】マスキングテープを塗りのパターンで作成!柄のサイズだけ変更しよう※動画アリ

【Illustrator】マスキングテープを塗りのパターンで作成!柄のサイズだけ変更しよう

マスキングテープを作る過程で、以下のツールやテクニックが使えるようになります。

・長方形ツール
・アピアランスパネル
・ダイレクト選択ツール
・ペンツール
・パターン/装飾/装飾、レガシー
・拡大・縮小ツールで「縦横比を変更」

長方形ツールでオブジェクトを作り上下のパスだけにする

長方形ツールでオブジェクトを作り、上下のパスだけにする長方形ツールで適当に横長の長方形を作ります。

最後にサイズは変更できるので、作業しやすい大きさでOKです。

アピアランスパネルから、線は1ピクセル、塗はなしで設定してください。

その設定でやると、作業しやすいと思うので。

次に、ダイレクト選択ツールで左右のパスを選択してデリートしてください。

画像のように上下のパスだけの状態になればOKです。

ペンツールで上下のパスを繋ぐ

ペンツールで上下のパスを繋ぐペンツールで上下のパスをつなぎます。

画像のような感じでギザギザにアンカーポイントを打っていきましょう。

テープの感じを出すのが狙いです。

左の上下パスを繋いだら、右も同じようにギザギザにペンツールでつないでください。

パターン/装飾/装飾、レガシー からマスキングテープにする柄を選ぶ

パターン/装飾/装飾、レガシー からマスキングテープにする柄を選ぶアピアランスパネルの塗りをクリックして、スウォッチを開きます。

スウォッチの下、一番左のアイコンをクリックして、パターン/装飾/装飾、レガシーを選択。

すると、装飾レガシーのパネルが開きます。

元々、Illustratorに入っている柄が開きます。

そちらから、好きながらを選びましょう。

その際に、一度アピアランスパネルの塗りの色を、何でもいいので適当に選んでおきます。

でないと、装飾、レガシーから柄を選んでも反映されないので。

拡大・縮小ツールで縦横比を変更して柄のサイズを調整

拡大・縮小ツールで「縦横比を変更」して柄のサイズを調整次に、アピアランスパネルの塗りのレイヤーを選択した状態で、拡大・縮小ツールをダブルクリックします。

下の方に、チェックボックスがいくつかあります。

その中の「オブジェクトの変形」だけチェックを外します。

「オブジェクトの変形」にチェックがついていると、縦横比を変更するときにオブジェクトの大きさまで変わってしまうのです。

今回は柄のサイズだけ変更したいので、「オブジェクトの変形」以外にすべてチェックを入れて、プレビューしていきましょう。

「縦横比を変更」の水平方向、垂直方向の数値を変更して、自分の気に入ったとロコでOKをおしてください。

最後に、アピアランスパネルの線はなしにしておきましょう。

 

あとはオブジェクトのサイズを好きに変更すれば完成ですね。

アクセントとして目を引くアイテムになるので、結構使えますよ!

装飾、レガシー以外にも使えるものがないか、自分でチェックしてみてくださいね。

動画で解説を見たい方はこちら

コメント