【Illustrator】ブレンドツール+ラフを使おう!(げじ困り眉の作り方)※動画アリ

 

げじ困り眉を作る過程で、以下のツールやテクニックが使えるようになります。

・効果/ワープ/貝殻(下向き)
・オブジェクト/ブレンド
・効果/パスの変形/ラフ
・オブジェクト/アピアランスを分割
・オブジェクト/ブレンド/ブレンド軸を置き換え
・変形パネルを見ながらサイズ調整

 

縦の直線を2本

縦の直線を2本作り平行に並べます

縦の直線を2本作り平行に並べます。

そして、その2本をグループ化しておきます。

 

「ハ」を逆向き

選択した状態で、効果/ワープ/円弧
選択した状態で、効果/ワープ/円弧

すると、直線が「ハ」を逆向きにしたように開きます。
※前回までの設定によって違う可能性もあります。

 

眉毛のパス

ワークオプションが開いたと思います
ワークオプションが開いたと思います。

スタイルから、貝殻(下向き)を選択

円を2つ

 

円を2つ作ります
円を2つ作ります。

色はそれぞれ微妙に変えておくとよいでしょう。

眉毛の色なので、好きな色で結構です。

 

オブジェクト/ブレンド/作成

両方選択した状態で、オブジェクト/ブレンド/作成

両方選択した状態で、オブジェクト/ブレンド/作成

2つの円の間に色がグラデーションで入ったと思います。

ちなみに、ツールパネルのブレンドオプションをダブルクリックで開いて設定可です。

 

げじげじ感を好きなように設定

効果/パスの変形/ラフ

効果/パスの変形/ラフ

ラフのパネルが開きます。

サイズと詳細を調整することで、げじげじ感を好きなように設定してください。

 

片方の眉毛単体で選べるように

眉毛を選んで、オブジェクト/アピアランスを分割

眉毛を選んで、オブジェクト/アピアランスを分割

Shift + Ctrl + G(Shift + Command + G)でグループ解除

すると、片方の眉毛単体で選べるようになります。

 

パスの上にげじげじ

ブレンドしたげじげじと、どちらか眉毛片方を選択状態とします

ブレンドしたげじげじと、どちらか眉毛片方を選択状態とします。

オブジェクト/ブレンド/ブレンド軸を置き換え

パスの上にげじげじがのっかりましたね!

もちろん、ペンツールでパスを書いてもよかったのですが、効果/ワープを覚えてほしかったので。

 

変形パネルを見ながらサイズ調整

ダイレクト選択ツールで眉毛の先の方のアンカーポイント選択

ダイレクト選択ツールで眉毛の先の方のアンカーポイント選択。

変形パネルを見ながらサイズ調整します。

あとは、反対方向にコピーすれば完成ですね!

 

動画で説明を見る

 

コメント